» 物件売却をご検討の方はこちら!

menu

スタッフブログアズの元気なスタッフが日々更新

カテゴリ一覧

1部屋10億円以上!?話題の高級分譲マンション・プラウド六本木

カテゴリー:  2016年9月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

野村不動産の展開するプラウドシリーズ六本木

六本木と聞くと「派手」「華やか」「お金持ち」などのイメージが湧いてきますが、そんな六本木でびっくりするような物件が販売されました。

あの野村不動産が展開するマンションシリーズ「プラウド」、そのなかでも大変注目を集めている「プラウド六本木」をご存知でしょうか。

平成28年7月5日、野村不動産は「プラウド六本木」の第1期17戸のうち16戸が成約したと発表いたしました。

プラウド六本木は六本木四丁目に存する高級分譲マンション。2億3,200万円のものから、なんと10億4,000万円のお部屋もあったそうです。

 

港区六本木の中心から奥まった高台に立地・住まいの憧れ

都営大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩4分、港区六本木の中心から奥まった高台に立地しており、みんなの住まいの憧れといった印象がございますが、それにしても10億円オーバーの部屋があるというのは正直驚きました。

専有坪単価900万円とも言われるプラウド六本木。いったいどんなマンションなのでしょうか。 鉄筋コンクリート造の5階建。総戸数は全35戸だといわれています。

野村不動産発表のニュースリリースによると、ピロティーは、外部との結界性の役割を持たせる設計だそうで、その奥に光のゲートエントランスを設置。外壁には重厚感と落ち着いた佇まいを感じさせる世界各地から吟味した3種の天然石を採用しているそうです。

これを聞いただけでも一言すごいと言いたくなる要素がたくさん詰まっています。 また、ラウンジ・共用廊下には、国宝である奈良の宝蔵院など多くの実績を持つ昭和洋樽製作所による無垢材の寄木仕上げフローリングを採用。とんでもないこだわりを感じます。

エレベーターについては最近良く見かける双方向エレベーターを採用。1基で1~3戸に対応しているとのことでした。

 

長く六本木に身を置きたいと考える方にはうれしい仕掛け

住戸は318.71㎡、全戸100 ㎡、平均専有143.25㎡、天井高約2,700ミリ。

将来の間取り変更が容易なスケルトンインフィル設計とオーダーメイドシステムを導入。長く六本木に身を置きたいと考える方にはうれしい仕掛けです。

聞けば聞くほどどんなマンションか、実際に見たくなるのは私だけでしょうか。

現在第二期が販売中。さすがに私の収入では購入することなど到底できませんが、不動産会社勤務の社員として見学だけでも行ってみたいと思います。みなさんも是非一度見学だけでも行ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。スタッフブログ一覧ページへ

2017/4/6
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-07 立ち方・歩き方
2017/4/4
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-06 トレーニング
2017/4/3
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-05 時間
2017/4/1
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-04 ランチ
2017/3/31
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-03 掃除
2017/3/31
不動産相続のお悩み解決!2017相続セミナー3月度を開催しました
2017/3/30
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-02 読書
2017/3/30
30%以上が空室に!アズ企画設計がワケあり社員寮を買取した理由とは
2017/3/28
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-01 朝
2017/3/27
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★1-11 ふるまい・ボイス