» 物件売却をご検討の方はこちら!

menu

スタッフブログアズの元気なスタッフが日々更新

カテゴリ一覧

答えはコンセプト戦略にあり!不動産賃貸物件の空室対策方法

カテゴリー:  2016年9月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんは最近の賃貸物件における空室率をご存知でしょうか?

日経新聞の記事では、首都圏で適正水準とされている30%を3から4ポイント上回っているとの発表がありました。大家様にとって管理する賃貸物件の空室率は大きな問題となります。本日は、最近の賃貸物件における空室率の現状と、空室対策のアイデアを紹介いたします。

 

空室率上昇の原因は、相続税の課税強化

空室率上昇の原因は、相続税の課税強化だと考えられています。

2015年から相続増税が始まり、その対策として賃貸住宅の建設が進み、需給バランスが崩れたことから、空室率が急速に上昇したというのが要因です。賃貸物件の建設場合、相続対策も重要ですが、長期事業として、多額の金額を投資している以上、空室が続いては相続対策どころではなくなってしまいます。

では、このような空室率が高い状態で、いかにして安定した賃料収入を得て、高稼働を維持していけばよいのか・・・。

 

空室対策の鍵はコンセプトにあり

空室率を抑え、いかに安定的に収入を得て、高稼働を維持していく戦略とは。

その答えは「コンセプト」にあります。

実は、相続対策のために建築された賃貸住宅は、借り手側の需要やニーズなどを考慮したものは多くありません。コストが安い、1R等の世帯数を多くし賃料収入を高く見せるなどの対処をおこなっていますが、結果的に差別化が計れていません。

その結果、競合物件の中に埋もれてしまい、長期空室が続き、当初設定した賃料を大幅に下げざるをえない状況となます。事業もたちまちが立ち行かなく成り、早々に手放すなどの現状が起こっております。

ただ、このような空室率の中でも、高稼働率を実現している物件があるのも事実です。それがコンセプト型賃貸物件なのです。

 

趣味嗜好におけるマイノリティーを狙った戦略

一つの趣味嗜好、専門性やデザインセンスなどに基づいて作られたアパートやマンションの事を言います。

たとえば、猫専用賃貸、畑付き賃貸、シェアハウス、ガレージ付き賃貸等さまざまです。ある意味ニッチな市場ですが、趣味嗜好におけるマイノリティーを狙った戦略です。

ただし、これらの需要を把握する上では、専門的な知識や経験等が必要なため、どのような不動産会社、賃貸管理会社と組むかが重要となります。

当社ではこのようなコンセプト型賃貸住宅の事例を、積極的に社有物件に取り入れ実践して参りました。

今後賃貸物件の建築をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています。スタッフブログ一覧ページへ

2017/4/6
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-07 立ち方・歩き方
2017/4/4
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-06 トレーニング
2017/4/3
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-05 時間
2017/4/1
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-04 ランチ
2017/3/31
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-03 掃除
2017/3/31
不動産相続のお悩み解決!2017相続セミナー3月度を開催しました
2017/3/30
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-02 読書
2017/3/30
30%以上が空室に!アズ企画設計がワケあり社員寮を買取した理由とは
2017/3/28
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★2-01 朝
2017/3/27
スター社員になるための「働き方」の教科書 ★1-11 ふるまい・ボイス